2006年4月29日 第2戦  岡山国際地方選ST600

前日練習・・・
今回はST600と3時間耐久のダブルエントリーと言うことで2枠ずつ走行。天気は晴れ!
とりあえず練習開始。相変わらずZX05はセッティング不足。いまだにZX03のタイムを更新出来ていない。
ってゆうか私自身がそもそもセッティング能力不足なのである!テストライダーとか一生なられへんね!
多分今はいてるBSからダンロップとかに内緒で換えられても気づかんやろーな。
本当なら今頃そこそこセッティングが出ていてもいいころなのですが、昨年末にリボルバーでハイサイド
→目が覚めたらメディカルにいましてヘルメットは後頭部が完全に割れており、骨盤の下のほうが折れてました。
これでその後の流れがかわりましたねー。ただ、その転倒原因もタイヤ+リヤのセット不足からきているので結局ちゃんとセッティング出来ていなければダメということです。気合だけで速く走れるほどあまくありませんね!
そんな事はさておき色々試すのですがタイムが出ません。出たとこでたいしたタイムではないのですが
さすがに40秒台にも入らなくやっとこ41秒でフラフラする状態だとあせってきます!接地感がなくチャタリングが
強烈!視界がぶれてどこみてるかわからない位です。タイヤも全然とけてません。進入だけでかせいでようやく40秒8。まあ無理してもしゃーないし今日は気分良く終わっておこう。しかし他のZXに乗っておられる方はどーゆーセットにしてるのかなぁ?気にはなりますねぇ〜
その後はそんなことも一瞬で忘れ(これがあかんのかな)温泉行って飯食ってマルイで買出しをして
ロッジにて飲酒・・・飲酒・・・飲・・ぐらいで今回はやめました!って言っても基本的に私はどんな
状況であれ、「もう欲しくない」と思うとこまで飲むのですが・・・楽しくいかないとね!
その後、ガレージサウストゥサウス野崎徹氏の鼻ソレックス吸気音をBGMに就寝。

当日予選
しかしレースは朝早いねぇ〜いつもいつも。早寝早起きは大嫌いです!小さい頃から。
とか思ってる間に予選開始!「ん〜やっぱしな〜このセットじゃあかんな〜」気温が低いとよけいこのセットはダメみたいでずっと41秒です。まあセッティングだすのもマシン操作するのも最終的には自分自身やしなぁ(汗)
人間がいけてないなぁ・・・・結局40秒9くらいで予選終了。結果15位。タイムの割にはましな位置!一昨年なら真ん中より下やっただろうな。
予選後、前回の命の恩人、今井選手とダラっとトーク

(前回今井選手がいなければリタイヤしてました、この場を借りて御礼申し上げます。それにしても前回200キロオーバーで転倒回転してるのにバイク共々よくここにいられるね〜!不死身?それとサスを貸してくれた門田選手、ありがとうございました!)

ZXに今付けてるスプリングのレートの話をしていたのですが、出た結論「それは前後硬すぎやで・・・」
この後思い切ってリヤサスをやわらかい物に交換!103ニュートン。さてどうなることやら・・・


決勝
スタート!!毎度の事ですが自分が何位か良く分かりません。そのままの順位くらいか?
3周くらいすると6〜7台の集団になり私はその一番後方。どうやらサスは正解だったらしく、集団は40秒前半で周回してるが結構余裕がある。チャタリングは相変わらずだが進入がすごく良くなった!しかし、そうは言ってもせいぜいこの状態なら出て39秒後半。前を抜くのは難しい・・と、ここでこの集団に動きが!前のほうを行く選手がちょっとオーバーラン、集団がぐちゃぐちゃっとなったすきに少し前に出る。その後数台抜いて10位までUP!しかし後ろから追っての気配が消えない・・・どうも3台位がサイドワインダーのロックオン可能距離にいる模様!ん〜やめてくれ〜頼むし〜撃墜されたくないー・・・願いが通じ何とか10位でゴール!お疲れちゃん!

今回思った事はレースレポートとゆうものはすぐ書かないとダメ!!
1ヶ月あけて書くとほんとに覚えてない。
この期間に幾度となくベロベロのグダグダになってるしね!
次からはリー即書きます。

ここでふと思ったのですが他の選手の皆さんの名前って書いてもいいのかな?
まあいいか!その方がリアルやもんね!私は人の悪口や、くだらん誹謗中傷は一切書かないしね!
勝手言いますがゆるしてね!
いややったら即伏字にしますんで。

<写真→2006年3月・開幕戦より>

ホーム クラブ員紹介 リンク! CFブログ! レースリザルト・レポート ひろ社長プロフィール
(C)Copyright Club Fenice. 2005,2017. All Rights Reserved.

耐久レースより

耐久レースピットにて